スポンサーリンク

【偉人】稲盛和夫さんの名言から学ぶ「生き方」【まとめ】

シェアしちゃう♪(情報拡散)

稲盛和夫さんを知ってますか?知らない人は覚えてねっ!

今、中国(china)の経営者の間で非常に注目されている稲盛和夫さんですが、経営されている方はもちろん、投資を始める方、もっともっと広くて人間!が勉強になる(ためになる)部分が多いと思いますので、ご紹介したいと思います。

ちなみに僕が尊敬している方は、他にもたくさんおりますので、ご紹介できたらと思います。

稲盛和夫さんについて

京セラならびにKDDIの設立者として知られる企業経営者である。1932年1月、鹿児島市生まれ。戦後日本を代表する経営者の一人に数え上げられる。

鹿児島大学工学部を卒業した稲盛和夫は、京都に出て就職した。給与の遅配が続き、いつ潰れてもおかしくない会社ではあったが、稲盛和夫はその中でファインセラミックスの研究に没頭する。ある時、開発方針をめぐって上司と衝突し、退社。その後、稲盛和夫を信頼して同時に退社した仲間とともに、知人の出資により得た資金を元手に京都セラミック株式会社を設立している。これが現在の京セラ株式会社である。京セラは電子機器やファインセラミック関連事業における大手メーカーとして名を馳せている。

また稲盛和夫は、1984年に電気通信事業が自由化した際にも敏感に反応・即応し、DDIを設立した。国内の長距離電話の低料金化や、移動体通信事業を行うセルラー電話会社の設立などを行い、全国を網羅する通信ネットワークを作り上げた。2000年10月にはDDIKDD、IDOの合併によって、KDDIが設立された。KDDIでは稲盛和夫は名誉会長に、翌2001年6月からは最高顧問に就任した。DDI設立の際、稲盛和夫は「動機善なりや、私心なかりしか」と自問自答を繰り返した。世のため人のために事業を興す、と確固たる信念の下で始められたKDDIは、今日、日本第2の通信キャリアに成長している。

最近だと2010年 日本航空の再生を支援とか有名ですね。

すばらしい人生をおくる

人生方程式 人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

人生・仕事の結果は、考え方×熱意×能力という一つの方程式で表すことができます。
「能力」とは、知能や運動神経、あるいは健康などがこれにあたり、両親あるいは天から与えられたものです。
「能力」に「熱意」という要素が掛かってきます。これも、やる気や覇気のまったくない、無気力で自堕落な人間から、人生や仕事に対して燃えるような情熱を抱き、懸命に努力を重ねる人間まで、やはり個人差があります。
これに「考え方」が掛かってきます。掛け算ですから、マイナスの考え方を持っていれば、「能力」があればあるほど、「熱意」が強ければ強いほど、大きなマイナスになってしまいますプラスの「考え方」を持っていれば、人生・仕事の結果は、さらに高いプラスの値となるのです。

常に明るく

人生はすばらしく、希望に満ちています。常に「私にはすばらしい人生がひらかれている」と思い続けることが大切です。決して不平不満を言ったり、暗くうっとうしい気持ちをもったり、ましてや人を恨んだり、憎んだり、妬んだりしてはいけません。そういう思いを持つこと自体が人生を暗くするからです。
非常に単純なことですが、自分の未来に希望をいだいて明るく積極的に行動していくことが、仕事や人生をより良くするための第一条件なのです。

感謝の気持ちを持つ

私たちが今日あること、そして存分に働けることは、お客様や取引先はもちろん、職場の仲間、家族といった周囲の多くの人々の支援があるからです。決して自分たちだけでここまで来られたわけではありません。「周りの人のおかげで今日の自分があるのだ」という気持ちで謙り、感謝しなければなりません。
 
逆に、感謝の対極にあるものが不平不満、愚痴です。それらは、必ず人生を暗くし、不幸にします。
 
感謝をすることで、人生はすばらしいものになっていきます。それは、感謝の気持ちを持つことで、自分の心が美しくなっていき、運命そのものが明るくひらかれていくからです。感謝をする心が、幸運を呼び込むのです。

人生の目的

人生の目的はどこにあるのでしょうか、もっとも根源的ともいえるその問いかけに、私はやはり真正面から、それは心を高めること、魂を磨くことにあると答えたいのです。

昨日よりましな今日であろう、今日よりよき明日であろうと、日々誠実に努める。その弛まぬ作業、地道な営為(えいい)、つつましき求道(ぐどう)に、私たちが生きる目的や価値がたしかに存在しているのではないでしょうか。

現世とは心を高めるために与えられた期間であり、魂を磨くための修養の場である。人間の生きる意味や人生の価値は心を高め、魂を錬磨することにある。まずは、そういうことがいえるのではないでしょうか。

俗世間に生き、さまざまな苦楽を味わい、幸不幸の波に洗われながらも、やがて息絶えるその日まで、倦(う)まず弛(たゆ)まず一生懸命生きていく。そのプロセスそのものを磨き砂として、おのれの人間性を高め、精神を修養し、この世にやってきたときよりも高い次元の魂をもってこの世を去っていく。私はこのことより他に、人間が生きる目的はないと思うのです。

夢を描く

現実は厳しく、今日一日を生きることさえ大変かもしれません。しかし、その中でも未来に向かって夢を描けるかどうかで人生は決まってきます。自分の人生や仕事に対して、自分はこうありたい、こうなりたいという大きな夢や高い目標を持つことが大切です。

高くすばらしい夢を描き、その夢を一生かかって追い続けるのです。それは生きがいとなり、人生もまた楽しいものになっていくはずです。

新しいことを成し遂げる

思いは必ず実現する

「思い」は必ず実現します。物事を成功に導こうとするなら、強い「思い」を持たなければなりません。
ただ思うだけでも、「思い」は私たちの人生を作っていきますが、それが潜在意識にまで入っていくような思い方をすれば、その「思い」はもっと実現に近づいていきます。さらにその「思い」をより美しく、純粋なものにしていけば、最も大きなパワーをもって実現していくのです。

潜在意識にまで透徹(とうてつ)する強い持続した願望をもつ

高い目標を達成するには、まず「こうありたい」という強い、持続した願望をもつことが必要です。
純粋で強い願望を、寝ても覚めても、繰り返し繰り返し考え抜くことによって、それは潜在意識にまでしみ通っていくのです。このような状態になったときには、日頃頭で考えている自分とは別に、寝ているときでも潜在意識が働いて強烈な力を発揮し、その願望を実現する方向へと向かわせてくれるのです。

人間の無限の可能性を追求する

仕事において新しいことを成し遂げられる人は、自分の可能性を信じることのできる人です。現在の能力をもって「できる、できない」を判断してしまっては、新しいことや困難なことなどできるはずはありません。人間の能力は、努力し続けることによって無限に拡がるのです。
常に自分自身のもつ無限の可能性を信じ、勇気をもって挑戦するという姿勢が大切です。

楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。
しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。
そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

利他の心を判断基準にする

私たちの心にはもともと「自分だけがよければいい」と考える利己の心と、「他によかれかし」と考える利他の心があります。利己の心で判断すると、自分のことしか考えていないので、誰の協力も得られません。

自分中心ですから視野も狭くなり、間違った判断をしてしまいます。一方、利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、周りの人みんなが協力してくれます。また、視野も広くなるので、正しい判断ができるのです。ですからよりよい仕事をしていくためには、自分だけのことを考えて判断するのではなく、周りの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」に立って判断すべきなのです。

しかし、多くの経営者は、どうしても自分の都合のいいように判断をしてしまいがちです。利害関係のないときには正論を吐き、立派なことを言っている人が、いざ自分の損得が絡むと態度が一変してしまう。そんな人はリーダーとしての資質を欠いています。一見自分に不利と思えるような状況にあっても「利他の心」を持って正しい判断ができることが本物のリーダーの条件です。

この考え方が全世界の人に浸透し、誰もが行動出来たらきっと僕の理想とする新世界が実現できると思います。人間としての限界を越えられるはず。

投資の世界では、競争が激しいですが、それ以外の部分ではこの考え方を大事にしていきたいです。

少しでもお役に立てれば幸いです。

このブログを読んでいただきありがとうございます。

それでは

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
広告

シェアしちゃう♪(情報拡散)

気軽にフォローしてねっ♪