【注目】中国の仮想通貨規制について簡単にまとめました【2017年9月】

シェアしちゃう♪(情報拡散)

中国の仮想通貨規制の簡単な流れです。

9月4日(月)  中国人民銀行がICOを規制する声明を発表
9月13日(水) JPモルガンのCEOがビットコインは詐欺発言
9月14日(木) BTCCが9月末をもってトレードサービスの停止を発表
9月15日(金) 中国規制当局が中国の取引所に取引停止命令を発令

⇒結果、今後、中国の全取引所が閉鎖に追い込まれる方向らしいです。

ただし、当局は仮想通貨の中核のブロックチェーン技術は育成したい考えで、
取引所の閉鎖を求めるタイミングは慎重に検討したとみられる。

習近平(シーチンピン)国家主席は、「金融のリスク排除」を重要政策としており、
共産党大会の直前に、経済を混乱させかねない仮想通貨への強硬策を打ち出した。
⇒どちらかというと党大会前の混乱とかを防止して、タイミングを見てまた開始とかになるのかも。

日本は、2017年4月に資金決済法が改正されて、これから伸びると思います。
※FX(キラはやってません)業界は、取引金額5000兆円 で、
仮想通貨は、まだ5兆円程度の見込みらしい。

仮想通貨元年なので、これから新規参入する人が多いと思います。
買おうとしている通貨が安かったら1円くらいからでも買えるので。(1円はあまり無いかも、3円とかなら)

とりあえず買って売らずに持っておく(長期ホールド=ガチホとも言う?)と価格が上がっていていいかも。

※上がることを保証するわけではないです。もちろん下がることもあります。(投資は自己責任です。)

とりあえずはじめてみませんか?(やると決めたら早いに越したことはありません)

このブログを読んでいただきありがとうございます。

それでは

広告

シェアしちゃう♪(情報拡散)

気軽にフォローしてねっ♪